モーツァルト・カフェ|名曲・おすすめ作品・エピソードなど

不世出の天才作曲家W.A.モーツァルト。その名曲・代表作・おすすめ作品をはじめ、生涯や音楽上のエピソードなどをご紹介します。

レクイエム K.626

モーツァルトの宗教音楽が質・量ともに充実していること、しかし惜しいことにそれらの演奏される機会は現在ではそれほど多くないことを前記事で述べました。

 

そして、その唯一の例外として、「レクイエム ニ短調 K.626」を挙げることができ、この曲については別稿でご紹介すると書きました。

 

その予告を今回果たそうと思います。

 


「レクイエム」は、日本語では「死者のためのミサ曲」「鎮魂曲」と訳されるように、死者を弔うためのミサ曲です。

 

モーツァルトのレクイエムは、彼が死に瀕しながら手掛けた最後の作品(未完)ということに加え、その作曲の契機のドラマ性により広く知られており、コンサートなどでも比較的よく取り上げらる曲といえます。

 

まずは、その有名な作曲の契機から始めましょう――

 


1991年の夏のある日、マスクで顔を隠し、灰色のマントに身を包んだ異様な風采の男がモーツァルトを訪ねて来た。

 

その男は、モーツァルトにレクイエムの作曲を依頼しましたが、依頼主の名前や身分などは故あって明かすことはできないと言う。

 

そして少なからぬ額の代金を置いて立ち去った。

 

モーツァルトは、この男は死神であり、依頼されたレクイエムはほかならぬ自分自身を弔うためのものと信じ込み、作曲を開始。

 

「自分自身のレクイエムを作曲する」ということは、とりもなおさず自分の死期が近いことを意味するわけで、上のような妄執が健康に良い訳はなく、モーツァルトは心身ともに次第に衰弱していき、11月20日には病床に伏す。

 

それでも、異様な執念をもってレクイエムに取り組み続けたのである。

 

しかし、モーツァルトの運命はその完成をみることを許さず、第8曲「ラクリモサ(Lacrimosa=涙の日)」の8小節目でとうとう力尽き、永遠の眠りに就いた。

 

時に1791年12月5日、午前0時55分。――

 

 


と、こういうストーリーですが、今では「死神」の正体をはじめ、舞台裏はすべて明らかになっています。

 

まず、モーツァルトにレクイエムの作曲を依頼したのはフランツ・フォン・ヴァルゼック=シュトゥパハ伯爵という貴族で、依頼したレクイエムは彼の亡くなった妻のためのものでした。

 

このヴァルゼックという伯爵、なかなかの曲者で、プロの作曲家に依頼して書かせた曲を「自作」と称し、自分の指揮で披露するという趣味をお持ちだったのです。

 

モーツァルトに依頼したレクイエムもこの例に漏れず、やはり後日シュヴァルゼック先生おん自らの指揮のもと、聴衆に披露されたということです。

 

しかも、さらに下ってブライトコップフ・ウント・ヘルテル社からモーツァルト全集が出版された際には、そこに収録されたレクイエムをみて「これは私の作品だ!」と叫んだというのですから、いやはやたいした強者です。

 

 


ところで、現在「モーツァルトのレクイエム」と呼ばれている作品には、いくつかの版(バージョン)があります。

 

これは、未完に終わったこの曲を「完成」させるために、どのような手が加えられたかによる区別で、その主なものを挙げると次のようになります。

 

・ジュスマイヤー版:モーツァルトの弟子、フランツ・クサーヴァー・ジュスマイヤーの補筆により完成された版で、もっともよく知られた「レクイエム」です。

 

・バイヤー版:ジュスマイヤーによる補筆の和声学的な欠陥を正すことを主な目的として、1971年、バイヤーにより改訂された版。

 

・モンダー版:「真正の」モーツァルトのレクイエムを目指して、モンダーがジュスマイヤーの補筆部分を可及的に取り除く改定をおこなった版です。

 

・ランドン版:ジュスマイヤーよりも才能があったとされるアイブラーの補筆を生かすことを意図して、ランドンによって改訂された版です。

 

・ドゥルース版:「モーツァルトと同時代の、モーツァルトに近い感性を持った作曲家になりきって曲をつくる」、というコンセプトに基づき、イギリスの作曲家・ヴァイオリニストであるドゥルーズが1984年に発表した版。

 

・レヴィン版:前回のモーツァルトイヤー、1991年の記念演奏会のため、ピアニスト・作曲家のロバート・D・レヴィンが、ジュスマイヤー版の楽器法・楽典上の間違いや構成上の問題点に対する改定をおこなったもの。

 


また、全曲の構成も次に挙げておきましょう。

 

第1曲 レクイエム・エテルナム(永遠なる安息)
第2曲 キリエ(憐れみの賛歌)
第3曲 ディエス・イレ(怒りの日)
第4曲 トゥーバ・ミルム(妙なるラッパの響き)
第5曲 レックス・トレメンデ(御霊威の大王)
第6曲 レコルダーレ(慈悲深きイエス)
第7曲 コンフターティス(呪われし者)
第8曲 ラクリモーサ(涙の日)
第9曲 ドミネ・イエス(主なるイエス)
第10曲 オスティアス(賛美の生け贄)
第11曲 サンクトゥス(聖なるかな)
第12曲 ベネディクトゥス(祝福されし者)
第13曲 アニュス・デイ(神の小羊)
第14曲 ルックス・エテルナ(永遠の光)

 


ところで、モーツァルトのレクイエムについては、指揮者や演奏家によって「これって同じ曲?」というくらい印象が異なることがあります。

 

ご紹介した動画はジュスマイヤー版のパフォーマンスですが、他の版や、別の指揮者・オーケストラによる演奏も是非聴いてみてください。

 

https://www.youtube.com/watch?v=Ejq4oYQanTQ