モーツァルト・カフェ|名曲・おすすめ作品・エピソードなど

不世出の天才作曲家W.A.モーツァルト。その名曲・代表作・おすすめ作品をはじめ、生涯や音楽上のエピソードなどをご紹介します。

ディヴェルティメント 第15番 変ロ長調 K.287(271H) "第2ロドロン・セレナード"

モーツァルトの生きた時代には、まだ音楽家に仕立て職人的な性格が少なからず求められていました。

 

そしてこの要求に応える形で、セレナード・ディヴェルティメント・カッサシオンといったいわゆる機会音楽、すなわち式典や祝祭・祝宴を彩るための作品を、モーツァルトも残しています。

 

ここに挙げた三つの楽曲名称に厳密な定義・区別はないようで(少なくともモーツァルトの時代には)、今回ご紹介する「ディヴェルティメント 第15番 変ロ長調 K.287(271H)」にしても、「第2ロドロン・セレナード」と呼ばれることもあり、モーツァルト自身は「カッサシオン」と称しています。

 


同作品の成立契機は、上に挙げた二番目の名称に示されており、ザルツブルクの貴族にして大臣を務めたエルンスト・フォン・ロドロン伯爵の夫人マリア・アントニアの霊名の祝日を彩るため、彼女自身がモーツァルトに作曲を依頼したと考えられており、これから延いて、その時期は1777年6月13日の少し前と推定されています。

 

なお、ここで「第2」と付されているのは、前年にも同種の作品「ディヴェルティメント 第10番 ヘ長調 K.247」が書かれているためです。

 

 

 

 


これら二つのディヴェルティメントは、いずれもその目的を果たすに遺憾なき特性を具えており、この事実にモーツァルトの力量を見ることができますが、個人的に、両者の情趣・風情には仄かな相違があるように思います。

 

敢えてそれを端的に表現するなら、素朴と洗練。

 


私はこれら二曲に接すると、印象派の画家ピエール=オーギュスト・ルノワールのダンス三部作「ブージヴァルのダンス」「田舎のダンス」、そして「都会のダンス」が自然と連想されます。

 

ブージヴァルのダンス 田舎のダンス 都会のダンス

 

すなわち、第1セレナードが前の二つに、第2の方が最後の作品にオーバーラップするのです。

 

実は、第2セレナードに続いて、翌1778年にも同種の曲を書くこととなっていたらしいのですが、この予定はモーツァルトが旅行先のパリに滞在していたため果たされませんでした。

 


もしこれが実現していたら、第2セレナードとの間に、あたかも「ブージヴァルの」と「田舎の」に対応する風趣の差が見られたのではないか――との空想も自ずと生じます。

 

もちろん、時代的順序からすればこれはまったくの主客転倒――も何も、そもそもルノワールがこれらモーツァルトの曲を意識して上の各作品を描いたなどという逸話もないはずなので、何ら根拠のない単なる個人的妄想ですが、そんなことをふと思い付いてあれこれ考えるのも、また愉しいものです。

 

さて、第2ロドロン・セレナードの目的からして、そこには聖と俗、それぞれの要素を配合することが必要で、これを満たす一助として、第2および6楽章の主題はドイツの民謡からとられています。

 

第6楽章ではそれを、親しみやすさを保ちながら様々な表情を見せる優美な変奏曲に仕立て、フィナーレにおいては、暗く澄んだ序奏を付すことで軽妙な主題を一層引き立てると同時に、それが徒に浮揚散逸してしまうのを防いで見事な終局へ至らしめています。

 

この、聖俗両要素の比率の妙に加え、それらを適宜変容させながら結びつけ織り合わせる楽才により、同曲の「洗練」が具現していると言うべきでしょう。

 

 

もう一つの特徴として挙げておきたいのは、全曲を通じて第1ヴァイオリンが支配的役割を果たしている点。

 

この曲の書かれた約三ヵ月後、ミュンヘンにおいて、モーツァルト自らそのパートを演奏して大喝采を博したことを、誇らし気にレオポルトに手紙で報告していますが、さもありなんと思います。

 

 

それにしても、第2セレナード冒頭の二音だけで「モーツァルトの作品」と認識できるのは、不可思議至極です。

 


☆ディヴェルティメント  第15番 変ロ長調 K.287(271H)
第1楽章 アレグロ(Allegro)
第2楽章 アンダンテ・グラツィオーソ(Andante grazioso)
第3楽章 メヌエット(Menuetto)
第4楽章 アダージョ(Adagio)
第5楽章 メヌエット(Menuetto)
第6楽章 アンダンテ―アレグロ(Andante - Allegro)

https://www.youtube.com/watch?v=oxkPOONtB2w

 

 

 

 

ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K.364(320d)

先に以下の記事でもご紹介したように、モーツァルトは27ものピアノ協奏曲を、少年期から晩年まで、その短い生涯全体を通じて書いた一方、ヴァイオリン協奏曲はわずか5曲を青年期に残したのみです。

 

mozart-cafe.hatenablog.com

 

しかしながら、今一つ、独奏楽器としてヴァイオリンにヴィオラを加えた二重協奏曲を忘れるわけにはいきません。

 

「ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K.364(320d)」です。

 


この曲が成ったのは、失意に終わったマンハイム‐パリ旅行からザルツブルクへ帰郷して後、1779年の夏から秋にかけてのことではないかと推定されています。

 

作曲動機も定かではありませんが、マンハイム‐パリ旅行を快く許してくれなかった大司教コロレードに対し、その旅行の成果を、かの地で人気を博していたジャンルの作品として提示しようとしたのかもしれません。

 


協奏交響曲(sinfonia concertante)の特質の一つは、複数の独奏楽器が、お互い同士およびオーケストラとの協奏とともに、互いに丁々発止の競奏を演じる点にあり、それを考慮してでしょうか、同作K.364の独奏ヴィオラは半音高く調弦するよう指示されており、本来深みと渋みを持ち味とするこの楽器が、ニ長調の煌びやかな音色でヴァイオリンと渡り合います

 

そしてこの事実はさらに、第一・第二楽章のカデンツァが作曲者の手により残されていることと併せ、ピアノとともにヴァイオリン、ヴィオラの名手でもあったモーツァルトが、自らそのヴィオラのパートを受け持ち、対するヴァイオリンは、大司教のお気に入り――しかし音楽的には十人並み――のブルネッティが弾くことを想定したのではないか、という考えにも、自然と繋がっていくのです。

 

 

 

 


ともあれ、少し前、パリ滞在中に書いた「フルートとハープのための協奏曲 K.299(297c)」が、若い二人の仲睦まじい会話に終始しているのに比べ、K.364は、壮大緻密なオーケストラを背景とした大人の真剣真摯な語らいの趣を具えており、特に、悲しみの中に清々しいともいえる諦観が現出する第二楽章は秀逸というほかありません。

 

これが威厳に満ちた第一楽章、重さと軽さを兼ね具えた終楽章と相俟って、極めて均整のとれた音楽作品に仕上げられています。

 

モーツァルトの作品には、「軽さが沈み、重さが浮かぶ」印象を覚えることが往々にしてありますが、このK.364の終楽章もその重要な一例と言ってよいでしょう。

 


なお、このジャンルにおけるモーツァルトの他の作品としては、パリ滞在中にル・コンセール・スピリチュエルの監督ル・グロの依頼で書かれたものの消失してしまった「管楽(フルート・オーボエ・ホルン・ファゴット)のための協奏交響曲 変ホ長調 K.297B(Anh.9, K.Anh.C14.01)」と、断片の残る「ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロのための協奏交響曲 イ長調 K.Anh104(320e)」が知られています。

 

この内、前者に関しては、後にモーツァルトの伝記を書いたオットー・ヤーンの遺品の中に、オーボエクラリネット・ホルン・ファゴットを独奏楽器とする協奏交響曲の写譜が発見され、これがモーツァルトの失われた作品ではないかとの推定もなされましたが、現在では他人の手の入った改作との見解が主流のようです。

 

今後調査や研究が一層進んで、上の二作品も聴くことができる日の来ることを願いながら、本稿を閉じましょう。

 


☆ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K.364(320d)
第1楽章 アレグロ・マエストーソ(Allegro maestoso)
第2楽章 アンダンテ(Andante)
第3楽章 プレスト(Presto)

https://www.youtube.com/watch?v=qtWOhAfcdRo