モーツァルト・カフェ|名曲・おすすめ作品・エピソードなど

不世出の天才作曲家W.A.モーツァルト。その名曲・代表作・おすすめ作品をはじめ、生涯や音楽上のエピソードなどをご紹介します。

ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第40番 変ロ長調 K.454

もうかなり前に、モーツァルトの手掛けた作品ジャンルの一つとしてヴァイオリン・ソナタの概略は述べた一方、このジャンルに属する個別の作品についてはまだ取り上げていないことに気付いたので、今回はそれを果たすべく、「ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 変ロ長調 K.454」をご紹介したいと思います。

 

mozart-cafe.hatenablog.com

 

モーツァルトはこのジャンルの作品を数多く残しており、作曲年代についてもほぼ全生涯にわたっていること、およびモーツァルトのヴァイオリン・ソナタは、そのほとんどが音楽を愛好する貴顕――特に淑女――への贈り物として、何曲かまとめて作曲されているということは、上の記事に既述した通りです。

 


さて、本稿でご紹介する「変ロ長調 K.454」について言えば、これもやはりある女性のために書かれたものはあるものの、それまでのこのジャンルの作品と異なるのは、その相手がイタリアはマントヴァ出身のレジーナ・ストリナザッキという、プロのヴァイオリニストだという点です。

 

1784年、ストリナザッキはウィーンを訪れ、ケルントナートーア劇場での演奏会で弾く曲の一つとしてモーツァルトに作曲と共演を依頼し、これを受諾したモーツァルトが、同年から記し始めた自作品目録に、その第6番目の作品として「1784年4月21日」の日付とともに書き入れて作曲されました。

 

その演奏は4月29日に、ストリナザッキの希望通り、モーツァルトとの共演の形で成功裡に行われましたが、当時ウィーン人士の大きな人気を博し、レッスン・演奏会そして作曲と多忙を極めていたモーツァルトにはピアノのパートを書く余裕がなく、ほんの覚え書きのみの楽譜に基づいて演奏していたことを、オペラグラスを覗きながら聴いていた皇帝ヨーゼフ二世に気付かれたとか。

 

そしてストリナザッキの方も、初見、リハーサルなしのぶっつけ本番で見事な演奏をものしたと伝えられています。

 

 

 

 


これら外的なエピソードから作品自体へ目(耳)を転じると、まずヴァイオリン・パートの充実ぶりが明らかに聴取されますが、これはモーツァルトが彼女の音楽的力量を高く評価し、それに見合った楽曲を書いた結果と見るべきでしょう。

 

標準的な緩―急―緩の三楽章形式を採ってはいるものの、第一楽章冒頭に格調高い序奏が置かれ、充実した規模と緻密な構成を具えた各楽章を、二つの楽器が対等の立場で、それぞれ時に主役として自己を主張し、時には相手を支えながら織りなしていく、もっともシンプル、かつそれだけにピュアな協奏曲の風趣さえ湛えた、極めて充実した作品に仕上げられています。

 


当時、この種の作品における演奏の主役はクラヴィーア(チェンバロまたはフォルテピアノ、後にピアノ)であり、ヴァイオリンはあくまでも伴奏、場合によっては省くことさえ可能なパートとして位置づけられていたことからすると、「変ロ長調 K.454」はその境界を大きく踏み越えるものだったように想像されます。

 

追ってウィーンのトリチェラ社から、同作が二つのピアノ・ソナタ「第6番 ニ長調 K.284」「第13番 変ロ長調 K.333」と共に「作品VII」として出版された際、「ヴァイオリン伴奏つきクラヴィーア・ソナタ」と記されましたが、これは上の音楽的世情を鑑みてのことで、作品の性格からすると「ピアノとヴァイオリンのためのソナタ」、もしくは「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」が妥当であることは間違いありません。

 


☆ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 変ロ長調 K.454
第1楽章 ラルゴ―アレグロ(Largo - Allegro)
第2楽章 アンダンテ(Andante)
第3楽章 アレグレット(Allegretto)

https://www.youtube.com/watch?v=sOuts08C9vo

 

 

 

 

交響曲 第40番 ト短調 K.550

フランスの劇作家・詩人にして、音楽・美術に関しても優れた評論を物したアンリ・ゲオンは、その著「モーツァルトの散歩」(1932年)において、この天才作曲家の音楽に具わる特質の一つを、「流れゆく悲しさ(tristesse allante)」「爽快な悲しさ(allegre tristesse)」という有名な言葉で表現しています。

 

もっとも、この言葉が我々日本人にとって「有名」なのは、後の1946年12月、小林秀雄が「創元」創刊号に発表した評論「モオツァルト」の中で述べた「モオツァルトのかなしさは疾走する」によるわけですが、当該箇所の直前に、「ゲオンがこれをtristesse allanteと呼んでいるのを、読んだ時、僕は自分の感じを一と言で言われた様に思い驚いた」と明記しているので、先陣の功はやはりゲオンにあることになります。

 

ただ、小林秀雄はまた、次のように言って自らの創見を示している事実も、公平のため記しておきましょう。

 

……涙は追いつけない。涙の裡に玩弄するには美しすぎる。空の青さや海の匂いの様に、「万葉」の歌人が、その使用法をよく知っていた「かなし」という言葉の様にかなしい……

 

 

 

 


ところで、ゲオンが「流れゆく悲しさ(tristesse allante)」「疾走するかなしさ」を聴き取ったのは、「フルート四重奏曲 第1番 ニ長調 K.285」の第一楽章、およびその旋律が長い年月を隔てて再び具現した「弦楽五重奏曲ト短調 K.516」においてで、小林も後者に「疾走するかなしさ」を感得したのですが、他にもこの特質――無論、そこに聴かれるかなしさには一様でないものの――を具えたモーツァルトの作品は少なくないように思います。

 

その一つに、同じト短調の「交響曲 第40番 K.550」を挙げても、強ち間違いとはならないはずです。

 


ご存じの通り、モーツァルトは数多の交響曲を残しましたが、その中で短調をとるのはこの40番と、やはりト短調の「第25番 K.183(173dB)」の二曲のみで、そのためやや規模の小さい25番が"小ト短調"と呼ばれることなどは、以下の記事でご紹介しました。

 

mozart-cafe.hatenablog.com

 


第40番交響曲が完成されたのは、小ト短調を書いた1773年、モーツァルト17歳の時から15年を経た1775年、短命の天才にとっては既に晩年の7月25日のことで、その前後には、この作品を含めて「三大交響曲」と呼ばれる「第39番 変ホ長調 K.543」「第41番 ハ長調 K.551 "ジュピター"」もそれぞれ6月26日、8月10日に誕生しています。

 

つまり、豊かな芸術性と高い完成度を具えたこれほどの大曲を、わずか一月半の間に書き上げてしまったことになります。

 


このように、成立時期についてははっきりしている一方、これら大作の作曲動機や初演の日時に関しては、生前、モーツァルト自身が耳にしたか否かを含めて諸説あるようです。

 

ただ、この頃モーツァルトの経済状態は急速に悪化しており、友人の裕福な織物商人、ミヒャエル・フォン・プフベルクに度重なる借金の申し入れをしていることからも、その苦境を脱しようという目論見の大きく与っていた創作であったことはまず間違いないでしょう。

 

また、初演を示す明確な記録はないものの、初稿の他に、木管パートの追加、第2楽章の改定を施した版が残されていることから、具体的な実演の目途もあったであろうと考えられていますが、これも推測の域に留まっています。

 

これらを鑑みるに、仮にト短調交響曲モーツァルト存命中に演奏されたとしても、大きな反響を世間に惹き起こすには至らなかったことだけは確かなようです。

 

 

 

 


さて、このト短調交響曲は、次の四つの楽章から成っていますが、それらの速度・表情記号からも、その疾風(はやて)の如き性格を窺えるかもしれません。

 

第1楽章 モルトアレグロ(Molto allegro)
第2楽章 アンダンテ(Andante)
第3楽章 メヌエット:アレグレット(Menuetto : Allegretto)
第4楽章 フィナーレ:アレグロ・アッサイ(Finale: Allegro assai)

 

が、それと同時に注目(注耳)したいのが、スコアに忠実に従った場合、実に演奏時間が15分にも喃々とする異例に長大な緩徐楽章。

 

ここには、モーツァルトの「何か」が籠められているはず。

 

先に「交響曲 第41番 ハ長調 K.551 "ジュピター"」において、三大交響曲における本作の位置付けに関する私感を次段のように述べましたが、この緩徐楽章こそ、その階梯の主要部を成すもので、そこを余命幾許もないモーツァルトが、憧憬と畏怖とを交々覚えながらも決して立ち止まることなく登高していく――という連想を、私は禁じ得ません。

 

……敢えてこれら三曲の特質を喩えれば、避けることのできない地上の軛(くびき)・現世の枷という制約に面と向かい合い、これらを克服した末に天上へ飛翔する――すなわち、K.543は地上に建立された大神殿、K.550はそこから天上へ登りゆく階梯、そして天上界の展望の音による表現がK.551であるように思えてならないのです……

 

交響曲 第40番 ト短調 K.550

https://www.youtube.com/watch?v=tL-mSK4NS0A